ギネス世界記録2004年版、届く

2008年に2007年版ギネスブックを入手してから10年。僕の最も好きな本、ギネスブックのコレクションの9冊目となる、ギネス世界記録2004年版が届いた。4日ほど前ネット通販(Yahoo!ショッピング)で450円程度(送料込み)で注文していた。

2年ほど前、図書館で一度読んだので内容は記憶していたが、やはり面白かった。いろいろなジャンルで様々な記録が載っているが、最も印象的だった記録は、「世界一大きな腫瘍」の記録かな。「もっとも早くアメリカ合衆国の大統領に選出された記録」という、それって世界記録じゃなくてアメリカ記録じゃ…と指摘したくなる記録もあった。

やはり、今現在(2018年)の世界記録と2004年時点での世界記録は差が大きいなーということを感じた。14年間で次々と世界記録が破られ、現在の世界記録はどれも驚異的なものばかりだ。

日本語版ギネスブックは2004年以来、毎年発行されている。2003年版の日本語版のギネスブックは存在しない。個人的に一番面白くて秀逸だと思うのは2009年版(黄緑色の本 – 毎年カバーのデザイン・色が変わっているのがこの本の面白みの一つだ。)。この2009年版は、2008年12月に入手したが、あまりにも面白い本だったため2009年1月に祖父(2012年死去)の家に行った際に読もうと思って持っていき、途中で本を入れていた鞄を川に落として濡らしてしまったのでボロボロになっている。2006、2008、2011、2013、2015、2016年版も数年以内に揃えたい。